宝くじ売り場にあったロト6に興味

ロト6またはロト7で最高の思い出はありません。
なぜなら過去に1回も当たったことがないからです。
当時の私は基本的にロト6を買っていたのですが、少額しか買わないからなのかかすりもしないことが多く、残念な結果ばかりでした。
逆に最低な出来事はあります。
宝くじ売り場で、マークシートにマークしていてその売り場にスマートフォンを忘れてしまったことです。
帰宅して気づいたため、すぐに取りにいったのですが、スマートフォンは見つからず、売り場の方も分からないということでした。
その後は警察に行ったり、携帯会社にいって電話を止めてもらったり、もう散々でした。
もちろん購入したロトも見事にはずれ、それ以来ロトを購入するのが嫌になりました。

ロトを買う上で一番大切なことは過去の当選番号だと知人によく言われていました。
前回・前々回のデータを見て、そこにない数字を選んでいると1等・2等はなくても、3等や4等の当選確率は大きくなるらしいです。
その他にも運の悪い時期だと思ったら自分が閃いた数字をあえてはずして購入するのも大事だと教えられました。
ですが頑固な私は人の意見を取り入れず、絶対に誕生日などの語呂合わせで決めておいた数字の並びしか買っていませんでした。
「いつか当たる、いつか当たる」と言い聞かせながら、毎回買っていましたが、けっきょく1回も当たりませんでした。
いろいろ教えてくれていた友人は3等クラスはよく当てていたので、ギャンブルも時として人の意見に耳を傾けるのも大事だと思いました。

«
»