夜景は特に寒い季節に美しく見える

夜景はどうして寒い冬によく似合うんだろう。
季節を問わず、同じ美しさを提供してくれているはずなのに、不思議と夜景は冬のように寒くなってからの方がロマンチックに感じてしまう。
それは私だけの考えでしょうか?
たくさんのビルやお店マンションが集まっている様な都会の夜景も素敵ですが、灯りが少なくて真っ暗中にぽつんぽつんと光が見えるだけの夜景も私は嫌いじゃありません。
海辺の夜景も素敵ですよね。
ちなみに私は香港の夜景は3回見ました。
100万ドルの夜景なるものを期待しながら見たわけですが、正直私は日本の東京の方が好きだなと思いました。
もちろん好みの問題なのですが。
結婚して初めてここに引越して来た時、暗くて寂しくて嫌だなと思ったものでした。
夏はカエルの合唱がうるさい程聞こえてきますし、車が無ければどこにも行けないような不便なところは、けっこうなストレスでした。
でも今、この生活も悪くないなと思っている私がいます。
それに、それなりに綺麗な夜景スポットも知っています。
クリスマスシーズンは特に綺麗。
住めば都とよく言われますが、その意味が今はよく分かります。
寒くなってくると、空気もキーンと張りつめてきて気のせいかライトの光も眩しく感じます。
私はここで生きて行くのです。
あと10数年経ったら移住するつもりではありますが、それまではここで生きて行く。
どんなことがあっても、私はこの地でやるべきことをして生きて行くんです。
そう最近、やっと腹をくくることができました。
もっともっと強くなりたいと思う私がいます。

«
»