ロト購入は窓口でのポスターをみて

数年前ですが、ロト6で5000円当選したことがあります。

妻と窓口に行ったのですが、妻は以前から、「当たらないから、もったいない。お金捨ててるみたい!」なんて言ってばかりで、その時も、ブーブーと文句ばかりだったのですが、5000円の当選を知ったとたん、態度が一変し、キャーキャーと喜び始め、「またやりなよ!」と言い始めました。

私自身も実際に当たるとうれしくて、その場でまた次回分にチャレンジしてしまいました。

毎回、同じ数字を5週間チャレンジして、長い期間で、当選を期待できる楽しみが、ロト6の楽しみで好きなところです。

5000円当たってからは、残念ながら当選はありませんが、買わなければ当たらないので頑張ります。”

ロト6はよく買います。
ロト7は買ったことがないのでよくわからないです。

ロト6を買う時は、同じ数字を5週間楽しみます。
数字の選択は、家族の誕生日や携帯番号など、自分に関わり数字を選んでいます。

なので、毎回同じような数字になってしまう事が多いですが、どれかにはそういった数字を入れたいので、ゲン担ぎとまでいきませんが、続けていきたいです。

ここ最近は子供が大きくなり、一緒にやりたがっているので、子供にも数字を選ばせて挑戦することが多くなりました。

発表を見にいくのも、当選までいかなくても、子供と一緒に、選んだ数字が何個当たったなどになるので、楽しみです。

宝くじと違い、自分で選んだ数字で当選を掴み取るところに魅力を感じます。

»